有名人似顔絵をまとめたギャラリーページを作りました。

これまで趣味として描いてきた有名人の似顔絵イラストが結構溜まってきたので、ブログの固定ページにギャラリーとしてまとめることにしました。

スポンサーリンク

似顔絵はイラスト練習に最適

僕がイラストを描き始めた最初の頃は好きな漫画家さんの真似をしてイラストを描いていました。特に大友克洋氏が好きだったのでよく模写をしていましたが、ある時このまま模写ばかりしていても自分のオリジナリティが確立できないのではないだろうかと思い始めるようになり人の絵の模写ではなく実際の人物を見て絵を描くようにしました。

最初の内は、新聞に折り込まれるスパーのチラシや買ってきた雑誌のモデルを見ながら絵を描いていましたが、インターネットが普及してからは、検索で人物画像が見られるようになったのでそれらを参考にして絵を描くようになりました。

有名人の似顔絵を描くようになったきっかけは、2008年に開催された国際似顔絵コンテストに応募するためでした。

第1回 ザ・似顔絵 ~にいがた国際NIGAOE【にがおえ】フェスティバル~
みんなの似顔絵実行委員会 プロデューサー内山正博さんのブログです。最近の記事は「ザ・似顔絵会場(画像あり)」です。

似顔絵は全体的な特徴を捉えなければ似せられないので、顔のパーツや輪郭大きさやバランスなどをよく見るようになります。

基本的にどの人間も同じパーツが同じような場所に付いているのですが、パーツの大きさや形、バランスの微妙な違いがその人の個性を作りだしています。その違いを誇張したりデフォルメして描くのが似顔絵のポイントです。

似顔絵が上手に描ける人はオリジナルの絵を描いても上手いので、似顔絵は絵の練習にはもってこいだと思います。特に芸能人やスポーツ選手、政治家などの有名人は参考画像も多い上に、どんな人物なのかという具体的なイメージ像も思い浮かべやすいのでおすすめです。

WordPressでギャラリーページを作成できるプラグイン「FooGallery」

このブログは、僕のイラストのギャラリーサイトとして立ち上げたものなので、イラストを一覧表示したものをクリックしたら見られるような形にしたいと思っていました。しかし、HTMLの知識もあまりないので、思うようにブログをカスタマイズするようなことはできないことから何か手軽にギャラリーサイトを作ることはできないものかと考えていました。

調べて色々試してみたところ、Wordpressプラグインの「FooGallery」というのがよさげだったので今回導入してみました。英語版のプラグインですが、導入の仕方や使い方を分かりやすく解説しているブログがありましたので、こちらを参考にさせていただきました。

WordPressでイラストサイトを作れるギャラリープラグイン「FooGallery」で同人サイトを増やしてほしい | Makilog

手間もかからず、非常に簡単にイメージ通りのシンプルなギャラリーサイトを作ることが出来ました。ご興味のある方はご覧になってみてください。トップページのメニューバーの「似顔絵ギャラリー」からも飛べます。

似顔絵ギャラリー

まとめ

似顔絵はイラストの中でもやり方次第で稼げるジャンルでもあります。特徴を捉えて素早く似顔絵を描ければ、路上やイベントなどで稼ぐことも出来ますし、ネットを通して受注することも出来ます。このような似顔絵のプロも面白そうです。

似顔絵氏という仕事
先日、似顔絵氏の女性とお仕事をした際に、僕もイラストレーターのはしくれとして興味があったので色々とお話を聞いてみました。そのことについて感じたことを書きます。 似顔絵氏とは 似顔絵氏とは、人から依頼を受けてその人もしくは家族、場合によってはペットの絵を描くお仕事を生業とするイラストレータ...

僕もたまにココナラで似顔絵を依頼されますが、写真だけでどんな雰囲気の人なのかを捉えるのは結構難しく苦労させられます。

その点、マツコデラックスやドナルド・トランプなどのような人物イメージがはっきりとしていて尚かつ、見た目の特徴もある有名人はすごく描きやすいので、イラストを描き始めの方はこういう人達をたくさん描いていくことで自分のイラストタッチを磨くことができるはずです。

コメント