ブログ50記事書いて感じたことなど

イケダフリーザ

今回の記事で50本目ということもありましてブログについて書いてみようかと思います。といっても「ブロガーとは」「SEOについて」のような内容ではなく、3ヶ月間ブログ運営をやってみて感じたことなどを書きます。

広告

ブログ運営3ヶ月間の成果

「よーし、パパブロガーになっちゃうぞ!」という軽いノリで今年の6月からサーバーを借りてWordpressをインストールし、ブログ界に参入してから3ヶ月、当然のようにPVはほぼ一桁の横ばい状態、突然セッション数が跳ね上がって「お、これがバズか?」と思えば外国からのスパムアクセスだったり、初コメントに胸を躍らせれば外国からのスパムだったりと無料のブログサービスとはまた違った観点でブログ運営について考えさせられた3ヶ月間でした。

プロブロガーが「最初のうちは毎日更新でとりあえず100記事投稿しろ!」とか書いていたのを見て挑戦してみましたが、3日で挫折しました。一応広告なんかも貼ってみましたがサイトに彩りを添える賑やかしの役には立っている程度です。なんだかんだありましたが、アクセスはちょっとずつ右肩上がりでなんとか1ヶ月2000PVぐらいにはなりました。

ブログで何をしたいのか

元はフリーブログでイラストを公開していましたが「ちゃんとブログやったら儲かるかも?」という甘い考えでサーバーをレンタルしてこのブログをスタートしました。実際やってみるとそんなに簡単なものではなく、ブログで稼ぐなら他の仕事で稼ぐのと同じぐらいの努力と勉強が必要だということは分かりました。

このブログの大きなテーマは「副業イラストレーターからの脱却を目指し奮闘する過程を発信」することなので、基本的に僕のイラストを多くの人に見てもらうために記事には自分が描いたイラストを使っています。記事本文以外にイラストも描かなければならないのでこれでは毎日更新は難しくSEO的にはダメなのかもしれませんが、アクセスを稼ぐよりもイラストを見てもらうということを重要視するならこれでいいのかと思います。

とはいえブログで収益を上げるためにはPVが重要なのでSEOを意識していくことと面白いテーマで記事を書いていくことが次のステップアップの課題ですね。自分なりのブログ運営方針を決めるなら、ブログで何をしたいのかを考えた上でゆったり更新でも自分の世界観を表現できるような記事作りをしてくことですね。

これからの取り組みと目標

ということで、今のところコメントが来たりSNSで共有されたり仕事に結びつくようなブログの効果はまだありませんが、見てくれる人は少しづつ増えています。自分もイラストレーターとして実績があるわけではないので、イラストを不特定多数の人に見てもらえる場があるというのは素晴らしいことだと感じています。

これからは無料イラスト素材サイト「イラストAC」への投稿に力を入れつつ、他の活動やイラストを使った新しい企画、ヘヴィメタや釣りなどの趣味と地元北海道のアピールなど、テーマを徐々に広げていこうと考えていますので、これからもよろしくお願いいたします。

コメント