志幌加別川でニジマス釣り

志幌加別川2015

夕張川支流の志幌加別川で息子と共に釣りをしてきました。この川は雑誌などでも紹介されている絶好のニジマスエリアです。普段は水量の少ない川なのですが雨降り後だったこともあり、増水して濁っていたので上流域でエサ釣りをしました。

広告

逞しきニジマス

志幌加別川は全体的に緩やかな流れの中に、瀬と深場が混在する感じで鬱蒼とした山々を縫うように流れる典型的な渓流です。水も澄んでいて冷たく、上流域ではイワナやニジマス中流域からはウグイなどが釣れるようです。

ニジマスは外来魚なので本来はこの川には棲んでいないはずですが、数十年前に川の上流域に釣り堀があったそうなのでそこから逃げ出したニジマスが野生化したのではないかと思います。

水深1メートルぐらいの深場で釣れた25センチぐらいのニジマス

水深1メートルぐらいの深場で釣れた25センチぐらいのニジマス

たしかに引きは強い割りに、細いラインでもあっさりと上がってくる感じはなんとなく釣り堀のニジマスといった印象でしたが、魚影も濃く釣れる魚体は体高もあり、立派な体格の魚が多く餌も豊富で暮らしやすい環境なのだと感じました。

釣りの魅力

志幌加別川2015

すごい大きいのが掛かってバラしたポイント

釣りは好きだけど、川に来たのは随分ひさしぶりでした。釣りは、魚がいれば餌を流せば必ず釣れるというものではなく、まったく釣れなかったりバカみたいに釣れたりする時もあったりして、そこには自然条件やタイミング、道具やテクニックなどいろいろな要素があって、自然を相手にゲーム感覚で勝負できるのが釣りの魅力なんだと思います。

今回一番の大物30センチ超えニジマス

今回一番の大物30センチ超えニジマス

自然を相手にすると思い通りにならないことも多く、攻略法もリセットもないので、自分が問題を解決しなければ道は拓けてこないのです。そんなことに気付いてもらえたらいいなと思いながら夏休みもゲーム三昧だった息子と共に北海道の短い夏を楽しんできました。

コメント