銃夢モーターボール編ガリィ

銃夢ガリィ

どうやら日本人は強い女性キャラが好きなようで、前回描いた士郎正宗氏のM66や攻殻機動隊の草薙素子、Dr.スランプのアラレちゃんなどと並び最強女性アンドロイドの一角を担っているのが木城ゆきと氏の漫画「銃夢」のガリィ嬢である。数奇な運命に翻弄されながらも強靭な精神と機械の体、格闘技術「機甲術」(パンツァークンスト)を駆使して敵と戦い己のルーツを解き明かしていきます。

広告

漫画「銃夢」とは

銃夢は社会人になってから読み始めた漫画ですが、くっきりした線でがっちり描き込まれた漫画が好きな僕は、本屋でなんの気なしに手に取って以来すっかり虜になりました。

ストーリーは、架空の荒廃した未来世界で記憶も身体も失い脳以外は機械化された頭部だけの女の子が発見され回収されるところから始まります。ガリィと名付けられたこの女の子が記憶を取り戻す旅を続けながらさまざまな人や敵と出会っていく物語です。

架空の未来世界の人類は、身体だけでなく脳までも機械化して広く宇宙にまで進出しており、社会機構や人種、宗教などの勢力が複雑に絡み合う世界となっていて、ガリィの冒険と共に読者も世界の謎を知っていく仕組みになっています。

木城ゆきとの圧倒的な画力

この漫画自体、作中のガリィ同様波乱万丈の経緯を経て現在に至っています。元々は集英社のビジネスジャンプで連載を開始した『銃夢』は、一度は完結しながらも作者の意向により結末を遡り分岐させて新たなシリーズ『銃夢 LastOrder』が開始され、集英社とのトラブルにより講談社のイブニングへと移籍して『銃夢火星戦記』が連載されています。

銃夢火星戦記 第1話Web無料公開中

今回ガリィを描いてみて感じたのは、単純なように見えて非常に緻密で複雑なデザインがされており、これを連載漫画であらゆるアングルで描いていくというのはすごいことです。時間的制約の中で描かなければならないのだからもっと楽できるデザインでもいいのではないかと思いますが、作中ではもっと複雑なデザインのキャラも出てくるので、とにかくプロ漫画家の画力とこだわりを垣間見ました。こういうことは読んでるだけではなかなか感じられないことで、実際に描いてみないとわからないものです。

まとめ

アドビのイラストレーターでメカものを描くのはとても楽しく時間も忘れてしまいますが、今回のイラストは完成までに20時間ぐらいかかりました。イラレでイラストを描くにはどんな形状なのか解釈して描画していかなければならず、これは線がしっかり描画されるイラレイラストの特徴で、手描きのようにごまかしがきかない部分なのでどうしても時間がかかってしまうようです。もっと緻密に思い通りのイラストが描けるように研究していくためにももっとたくさんメカイラストを描いていきます。

木城ゆきと画集 ARS MAGNA デビューから銃夢火星戦記まで

木城 ゆきと 講談社 2015-05-20
売り上げランキング : 60817

by ヨメレバ

コメント