イラストACでイラスト素材投稿1000点を達成!

無料素材ダウンロードサイト「イラストAC」で投稿素材数が1000点になりました。あまり意識はしていませんでしたが、昨年5月に登録してから約1年半かかっての四桁達成となりました。現在のところイラストACで素材数1000点超えしているイラストレーターは二十数名ほどなのでひとつのハードルはクリアできたと思います。これから二千、三千ともっと素材イラストを増やしていけるようにコツコツ描いていきます。1000点目のイラストは縁起物?としてドラゴンをアップしました。

広告

素材数を増やすためのコツ

僕は本業の広告制作でイラストを描いていたのでハードディスクには結構な数のイラスト素材がストックされています。ただそのまま投稿できるものもあれば、少々手を加えないといけないものもあったので、取りあえず出せるものを出して何とか500点ほどはすぐに投稿することができました。

後は新規で描き起こししたりリファインしたりしながら投稿してきましたが、サラリーマンや主婦の方で趣味でイラストを描いている人などは、素材数を増やしていくのはなかなか大変なことだと思います。僕がやっている素材投稿するにあたって数を揃えるポイントをいくつかご紹介します。

てへぺろおやじ

投稿をためらうイラスト素材例

簡単なものを描く

イラスト素材においてあまり複雑で込み入ったものは好まれません。同じ素材でもどちらかというと単純でシンプルなものの方が選ばれます。例をあげると、広告素材としては油絵のような人物画よりもデフォルメされた人物キャラのイラストの方が使い勝手がいいのです。丁寧に描き込まれたイラストは情報量も多くとても目を引きます。広告は告知や宣伝などの文字情報に注目を集めたいので、描き込まれたイラストを使ってしまうとそちらに目を奪われる形になってしまうのです。逆にメインのアイキャッチとしてあえて描き込まれたイラストで注目を集めるということもあります。

おそらくイラストACに素材を探しに来る方は、メインではなくサブ的な扱いとしてのイラストを求めてきている場合がほとんどなのではないかと思います。であれば描くのに時間のかかる手の込んだイラストではなく、手早く描ける簡単なものを投稿していく方が効率よく素材数を増やせます。意外に時間をかけて描いたものよりこんなものでいいのかなというような簡単な素材のダウンロード数の方が多かったりするものです。

簡単なイラストながらダウンロード数の多いサイコロ素材

簡単なイラストながらダウンロード数の多いサイコロ素材

バリエーション展開する

単純なものでも一点ずつ描いていくのは結構大変です。一点描いたものから色バリエーションや人物であれば表情でバリエーションを作っていけば少ない手間で数点分を稼ぐことができます。

今はデジタル環境でイラストを描いている方がほとんどだと思うのでデジタルであれば比較的簡単に色替えやレイヤーを使って表情やポーズだけなど一部分を変えることができます。

ポーズ固定で表情を変えただけのバリエーション素材例

ポーズ固定で表情を変えただけのバリエーション素材例

素材を組み合わせる

それぞれ単体で描いたイラストを組み合わせることで新しいイラストをつくることもできます。例えば、車のイラストと整備士のイラストがあればそれを組み合わせることで自動車整備のイラスト素材が作れます。

僕の場合は、イラスト素材を描くときには必ずシリーズ展開を想定して描いているので最初からパーツなどの流用を考えて制作するようにしています。

まとめ

イラストACではダウンロードに応じて報酬が発生する仕組みなので、稼ぐためにはある程度のクォリティーを維持しつつ数を揃えていかなければなりません。しかしイラストは描かなければならないので一日数時間かけて一点制作・投稿するようなペースでは、なかなか数も増えずダウンロード数の増加も思うようにできません。一点一点ていねいに描いていくことも大事ですが、効率よく数も増やせるような工夫と自分なりの個性あるタッチでのイラストの量産化を考えることが必要だと思います。

●イラストAC[Shrimpgraphicイラスト素材一覧

コメント