ランサーズでキャラクターデザインに挑戦!

僕はクラウドソーシングサイト「Lancers」でキャラクターデザイン案件に挑戦しています。2013年にランサー登録をして数件キャラクターデザイン案件に提案しましたが、受注に至らずしばらく放置していました。ブログのネタにもなるので、久しぶりにランサーズへの挑戦を再開してみようと思っています。

スポンサーリンク

クラウドソーシングとは?

簡単にいうとクラウドソーシングとは、仕事をしてもらいたい人が作業内容と金額を提示し、仕事をしたい人がそれに応じて提案や見積もりを出し、折り合いがついたら作業を行い、完了すれば報酬を得られるというシステムで、すべてネットを介して行われるのがポイントです。

発注されている案件のジャンルは幅広く、Webの構築やシステム開発、コピーライティングや翻訳、ビジネス資料の作成など、最終的にデータ納品ができるようなものが扱われています。もちろんイラストもデジタル化してデータ納品できるので様々な案件の発注・提案が行われています。

キャラクターデザイン案件に挑戦中

僕はランサーズの数あるイラスト案件の中から主にキャラクターデザイン案件を選んで挑戦しています。

ランサーズで案件に提案するためには会員登録が必要になります。会員登録が済み『ランサー』になると案件提案が出来るようになります。こう書くとなんだかバウンティハンターみたいでカッコいいですね。

キャラクターデザインの案件は常時数十件ほど出ているので、その中から挑戦する案件を選びます。僕は案件名を読んだ瞬間に頭の中にキャラクターのイメージが浮かんだものを選んでいます。それぞれの案件には詳細な要望と金額、提案期限が設定されているのでタイミングによっては終了間際で提案できないという場合もあります。

案件提案は2パターン

案件への提案形式は、コンペ方式とプロジェクト方式の2種類があります。キャラクターデザインの場合には、ほぼコンペでの提案になります。

ランサーズ [Lancers] - 仕事をフリーランスに発注できるクラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」は、実績とスキルのあるフリーランスに仕事を発注できる仕事依頼サイトです。ロゴ作成、会社のネーミング、システム開発、ホームページ制作、タスク・作業など、全148種類の仕事ができます。 専門業者と比較するとクラウドソーシングは個人とのやりとりのため、ローコストかつハイスピードで仕事をすること...

コンペは、「公開提案」と「非公開提案」があります。キャラクターデザインの提案はだいたい50〜100件前後になるので公開提案型だと他の人と被ってないかどうか確認できるので安心です。

提案はキャラクターの画像と共にデザインコンセプトやキャラ説明などを打ち込み応募すれば完了します。締め切り後選定はしばらくかかりますが、結果が出ればメールで告知されるので他の案件にどんどん取りかかっていきましょう。公募もそうですが、出してしまえばできることはほぼないので“提案したら忘れる”のが精神衛生上いいですね。

まとめ

僕はランサーズで今まで6件ほどキャラクターデザイン案件に提案してきました。今のところ全敗しているのでこうすれば攻略できますよ的なことは書けませんが、キャラクターデザインはあれこれ考えるのが楽しいのと、受注できればお金が稼げるので、イラストを描くモチベーションに繋がります。経験値を上げるという点においてかっこうの場だと思うのでイラストで稼ぎたい方や主婦の方、特に学生さんなんかがチャレンジしてみるには最適だと思います。

ランサー登録はこちらから

クラウドソーシング「ランサーズ」

コメント