ニュースサイト「ネタりか」にイラストが掲載されました。

Yahoo!系のニュースポータルサイト「ネタりか」の記事で、僕のイラストを使っていただきました。

ネタりかは、国内外の様々なエンターテインメント性の高い話題を集めたニュースサイトで閲覧数もかなり高いサイトなのでそこに名前付きでイラストを使っていただけるのはありがたいことです。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170426-81696066-shouritsu
広告

ビジネス系イラストの需要度

僕はイラストACなどのフリー素材サイトをはじめ、PIXTAやFotoliaなどのPhotostockサイトなどにイラスト素材を投稿をしています。

どちらかというと、イラスト素材は壁紙や飾り罫などのマテリアル系素材が人気でイラストACのダウンロードランキングを見てもその需要度の高さがわかります。

僕はどちらかというとイラストタッチがちょっと堅いので、ビジネス系イラストを主に描いて投稿しています。

ビジネス系イラストのいいところは、爆発力はないものの年間を通して一定の需要があるところです。極端なところ学生や主婦を除いた世の中の大半の人達は所謂“ビジネスマン”であり、何らかのかたちでビジネスと関わっているわけです。

ビジネス現場では企画書や提案書、社内文書やプレスリリース、広告やWebなどでイラスト素材の需要が見込めます。実際僕が投稿している素材の三分の一ぐらいは企業広告などで使用するために描いたものがベースになっています。今回「ネタりか」で使用していただいたイラスト素材もその中のひとつです。

ビジネスイラストの汎用性

ビジネスイラストのいいところは汎用性の高さです。ビジネスの主流にいるビジネスマンは“スーツ姿”というのが定番で、何と言ってもスーツは男女ともにシンプルなのでイラストにしやすいことと、シルエットの変化はあるもののデザインはほとんど変わらないので、一回描くと何年でも使えます。

スーツ姿以外にも制服など業種特有のコスチュームもあるので、描こうと思えばいくらでもネタは有るのもビジネスイラストのポイントです。僕は最近シルエットにネクタイをつけただけの「シチューエーションビジネスシルエット」素材づくりが面白くてハマっています。

アイデア次第でいろいろ作れる汎用性の高さがビジネスイラスト素材の魅力です。

まとめ

今回、ネタりかにイラスト素材を使用していただき、あらためてビジネス素材の需要度の高さを実感しました。イラストACでは、一日平均100〜150点ぐらい僕のイラストがダウンロードされていますが、誰が何の用途で使っているのかまでは分からないので思わぬところで自分のイラストを目にするととても嬉しくなります。

とはいえ「いらすとや」さんレベルにはまだまだ程遠いので、これからもコツコツとビジネスイラスト素材づくりをしていこうと思っています。

いらすとやパンデミック
つい最近、ネットでこのような記事が話題になっていました。 ちょっと前ぐらいから街中の広告やチラシ、雑誌、テレビなどでいらすとやさんのイラストをよく目にするようになっていて、一度気付くとここにもあそこにも、こんなところにまで!! みたいな感じで気になっていたのですが、やっと皆さん...

 

コメント