子供からお年寄りまで楽しめると評判の月寒公園に行ってみた(後編)

再整備で新しく生まれ変わった豊平区の総合型公園「月寒公園」の魅力を前回に引き続きご紹介していきます。

子供からお年寄りまで楽しめると評判の月寒公園に行ってみた(前編)
僕の家から徒歩数分のところに月寒公園という公園があります。公園とはいっても住宅街にある遊具が設置してあるだけの小さな公園とは違い、野球場やテニスコート、ボート池など様々なアクティビティが複合している札幌でも有数の面積規模を誇る公園です。 子どもたちが小さい頃には、よく訪れて遊具で遊んだ...

前回は、子どもたちが遊べる遊具施設や札幌一の長さを誇るロング滑り台について書きましたが、月寒公園は子供だけでなく大人も楽しめる様々なアクティビティを備えた複合型公園でもあるので、今回はそのあたりを書いていきます。

スポンサーリンク

月寒公園の成り立ち

案内板を見てみると、かなり広大な敷地の中には野球場、ボート池、テニスコートやパークゴルフ場まであります。

月寒公園は元々、明治末期頃に陸軍の演習場として使われていた場所でした。ここに駐屯した歩兵第25連隊は屯田兵を母体にした第七師団に属し、日露戦争にも従軍しました。このあたりは野田サトルの漫画『ゴールデンカムイ』の舞台背景にも通じるところでもあり興味深いところでもあるので別の機会に記事化してみたいと思います。

いくら土地の余っている北海道とはいえ札幌市の住宅街のど真ん中に宅地造成もされずこれだけ広大な緑地公園があるというのをちょっと不思議に思っていましたが、開拓時代から国営地として使われてきた場所だったということで納得しました。

月寒公園は昭和36に開園し長らく市民の憩いの場として使われてきました。豊平区の隣の南区で生まれ育った僕は小学校の遠足で何度かこの公園を訪れたことがあり、ボート池でタニシやヤゴを採集した思い出があります。

開園後50年が経ち施設の老朽化も目立ち始めたことと、より市民に利用される公園づくりを目指すために今回大規模造成が行われる事になったようです。

月寒公園再整備

月寒公園の有料施設

以前の月寒公園にも野球場やテニスコート、屋外プールなどもありました。これらはすべて無料で利用ができましたが、運営維持にかなり予算がかかることが課題でプールは閉鎖、その他の施設も老朽化が目立つような状態でした。これらの問題を解決するには施設を有料化するしかない訳で、今回の再整備では野球場・テニスコート・パークゴルフ場の利用は有料になっています。その分、設備はかなりしっかりとしたものに生まれ変わりました。

利用料を見てみると、結構安く設定されているので実際これで採算が合い永続的に運営できるのか未知数なところもありますが、多くの人に利用してもらえればなんとかなるというラインということなのでしょう。テニスコートやパークゴルフは道具のレンタル(有料)もあるので、手ぶらで来ても楽しめます。

◎各施設の利用料はコチラ
http://www.sapporo-park.or.jp/tsukisamu/play/

僕の中では月寒公園といえば何と言ってもボート池です。札幌でも池のある公園はあまりない上にボートにも乗れる場所というのは中島公園と月寒公園しかありません。乗ってみるとわかりますが、ボートって以外に漕ぐのが大変な上にコントロールするのも難しいのでデートで颯爽とボートを漕ぐ姿を見せられれば彼女からの評価も高いと思いますので、カップルのデートや家族にカッコイイところを見せたいお父さんにおすすめです。

 

ボート利用料は320円/1艘(30分まで/大人3人まで)

池には様々な生き物がいます。

●月寒公園の魅力

月寒公園は有料アクティビティの他にも無料でも十分楽しめる要素があります。住宅街の真ん中にある公園ですが、なんといっても緑が豊かです。園内を散策すれば、樹齢数百年はあろうかという太い樹も多く生えていて北海道の原始の姿を垣間見ることができます。

園内には散策路も整備されていて森林浴を楽しんだり、ペットの散歩やマラソンをしたりする人も多くいます。

僕が気に入ったのが、至る所に設置された座り心地の良いベンチや休憩設備があるので、天気良い日にはベンチで小説を読んだりノートPCを持ち出して作業をしたり、学生さんは受験勉強などしてもはかどるのではないかと思いました。

まとめ

新しく生まれ変わった月寒公園を歩き回って色々紹介してきましたが、まだ全ての整備は完了しておらず数年かけてやる計画ということで、かなり札幌市も気合を入れていることがわかりました。敷地の大きさや施設規模から見ても札幌市でも有数の公園だということを再認識しました。

今回紹介はしていませんが、園内には多くの石碑やモニュメントが多く建立されています。すべての石碑には札幌開拓の時代に豊平区に入植した人たちの詳細な説明文があり、そのどれもが大変興味深いものでした。公園というのは遊び場であり、憩いの場であると同時に学びの場でもあるのだと感じました。月寒公園で石碑めぐりをして先人たちの苦労に思いを馳せるというのもいいですね。

コメント